Archives:

弁護士を選ぶ際の基準

さて、このように顧問弁護士は会社にとって有益な存在ですが、どのような基準で選べばいいのでしょう。会社はその業務形態や事業内容によって細かく分類されます。顧問弁護士を選ぶ際には、その事業内容に精通した弁護士を選ぶことが重要となります。弁護士という同じ肩書きであっても、人によって得手不得手もありますし、得意分野もあるのです。

また、会社はいつどこでトラブルに巻き込まれるか分かりません。その時にいつでも連絡の取れる弁護士であることが重要となってきます。電話やメールなどで日常的に連絡が取れるということも選ぶ際の条件なのです。こういったことは仕事の対応の早さにも関係してきます。契約書のチェックに何週間もかかるようなら、その契約は成立しないでしょう。そういう意味でも、対応の早い弁護士でなければいけません。

弁護士は先生と呼ばれるだけあり、中には横柄な人も多いのです。弁護士は法の専門家ではありますが、サービス業としての色合いもあるのです。その点を理解できている弁護士を選びましょう。また、料金設定もきちんと相場を守っていることが大切です。高いからとって有能とは限らないのです。相場の範囲内で最大限の効果をもたらすのが良い弁護士なのです。これらの点に気を付けて弁護士を選んでください。


顧問弁護士のメリット

会社を経営するに際し、顧問弁護士は切っても切れない関係にあります。では、顧問弁護士を雇うメリットとはどのようなものなのでしょう。会社は法律に縛られながら経営をしていかなくてはいけません。そのため、常に法律と向きあう必要があります。その時に顧問弁護士が近くにいることで、いつでも法律相談ができるのです。スポットで弁護士に相談となれば、相談料が発生しまいますから、気軽に相談できる顧問弁護士の存在は大きなものなのです。

また、顧問弁護士はその会社に継続的に関わっていますので、会社の経営状態や内情をよく理解してくれています。つまりその会社にあった適切なアドバイスと処理を行ってくれるのです。普通の弁護士に相談するとなれば、一から説明しなければなりませんので、そういう点でも大きなメリットと言えます。

そして、何より顧問弁護士がいると言うことで、その会社の信頼度、信用が高まります。新規での取引の際など、顧問弁護士がいるということは相手側からの信用が得られるということにも繋がります。会社のイメージとして顧問弁護士が果たす役割もあるのです。このように、顧問弁護士は会社にとって円滑な運営を行うために必要な存在と言えるのです。


顧問弁護士の存在とは

日本には株式を上場しているような大企業から、中小企業、零細企業と無数の会社が存在しています。そしてどんな会社であっても、税金や金銭取引など同じ法律が適用されているのです。会社の経営は法律の下で成り立っていると言っても過言ではありません。法律上のトラブルとは常に背中合わせの状態なのです。ただ、経営者は経営に関しては専門家ではありますが、法律に関しての専門家ではありません。そこで多くの会社では円滑な経営のため、顧問弁護士を雇っているのです。

顧問弁護士とは、会社と契約した弁護士のことで、経営に関する様々な法的問題や経営上の相談を速やかに解決してくれるのです。顧問弁護士一時的な関係ではなく、継続的に会社に関与してくれますので、会社の内情もよく把握してくれ、いつでも適切なアドバイスをしてくれるのです。

具体的な仕事内容としては、アドバイスの他に契約書類の作成があります。契約書は何かと問題が起こりやすいものです。顧問弁護士に任せることで取引先とのトラブルを防ぐことができるのです。また、労使間のトラブル時にも顧問弁護士の存在は大きく力を発揮します。会社の代理人として相手側と交渉し、円満な解決方法を導き出してくれるのです。もちろんその他の様々なトラブルにも対処してくれますので、顧問弁護士は会社にとって必要な存在と言えるでしょう。


会社経営と顧問弁護士

会社経営には、様々な法的トラブルに巻き込まれる恐れがあります。雇用問題や契約上のトラブル、債権の回収など問題はいくらでも転がっているのです。こうしたリスクを未然に防いだり、回避するためには顧問弁護士をつけることが望ましいのです。このサイトでは、会社を円滑に軽視していくための顧問弁護士について説明します。

顧問弁護士はその会社専属の弁護士です。つまり、会社の内情をよく理解してくれているわけですから、その都度、適切なアドバイスが得られるのです。また、契約書の作成や労使関係においても顧問弁護士は大きな役割を担っていますし、日常的な相談にも気軽に応じてくれるため、経営者にとっては必要なパートナーとも言えるでしょう。通常の弁護士に相談するとなれば、トラブルの内容や会社の状況などを一から説明しなくてはいけません。そこには時間と費用がかかってしまうのです。そういう点でも顧問弁護士の存在は大きなものと言えます。

この顧問弁護士ですが、選ぶ際に気を付けるべき点として、その会社の事業内容に精通している人を選びましょう。いくら弁護士であっても得意分野があるものです。知識のない弁護士を雇っても無意味なだけです。また、料金設定にも気を付けてください。大きな弁護士事務所だからと言って、高い料金を要求してくるようではいけません。相場の範囲内で、良心的な対応をしてくれる事務所を選びましょう。顧問弁護士は便利な存在です。互いを信頼してよい付き合いをしていきましょう。