Archives:

会社経営と顧問弁護士

会社経営には、様々な法的トラブルに巻き込まれる恐れがあります。雇用問題や契約上のトラブル、債権の回収など問題はいくらでも転がっているのです。こうしたリスクを未然に防いだり、回避するためには顧問弁護士をつけることが望ましいのです。このサイトでは、会社を円滑に軽視していくための顧問弁護士について説明します。

顧問弁護士はその会社専属の弁護士です。つまり、会社の内情をよく理解してくれているわけですから、その都度、適切なアドバイスが得られるのです。また、契約書の作成や労使関係においても顧問弁護士は大きな役割を担っていますし、日常的な相談にも気軽に応じてくれるため、経営者にとっては必要なパートナーとも言えるでしょう。通常の弁護士に相談するとなれば、トラブルの内容や会社の状況などを一から説明しなくてはいけません。そこには時間と費用がかかってしまうのです。そういう点でも顧問弁護士の存在は大きなものと言えます。

この顧問弁護士ですが、選ぶ際に気を付けるべき点として、その会社の事業内容に精通している人を選びましょう。いくら弁護士であっても得意分野があるものです。知識のない弁護士を雇っても無意味なだけです。また、料金設定にも気を付けてください。大きな弁護士事務所だからと言って、高い料金を要求してくるようではいけません。相場の範囲内で、良心的な対応をしてくれる事務所を選びましょう。顧問弁護士は便利な存在です。互いを信頼してよい付き合いをしていきましょう。