顧問弁護士の存在とは

日本には株式を上場しているような大企業から、中小企業、零細企業と無数の会社が存在しています。そしてどんな会社であっても、税金や金銭取引など同じ法律が適用されているのです。会社の経営は法律の下で成り立っていると言っても過言ではありません。法律上のトラブルとは常に背中合わせの状態なのです。ただ、経営者は経営に関しては専門家ではありますが、法律に関しての専門家ではありません。そこで多くの会社では円滑な経営のため、顧問弁護士を雇っているのです。

顧問弁護士とは、会社と契約した弁護士のことで、経営に関する様々な法的問題や経営上の相談を速やかに解決してくれるのです。顧問弁護士一時的な関係ではなく、継続的に会社に関与してくれますので、会社の内情もよく把握してくれ、いつでも適切なアドバイスをしてくれるのです。

具体的な仕事内容としては、アドバイスの他に契約書類の作成があります。契約書は何かと問題が起こりやすいものです。顧問弁護士に任せることで取引先とのトラブルを防ぐことができるのです。また、労使間のトラブル時にも顧問弁護士の存在は大きく力を発揮します。会社の代理人として相手側と交渉し、円満な解決方法を導き出してくれるのです。もちろんその他の様々なトラブルにも対処してくれますので、顧問弁護士は会社にとって必要な存在と言えるでしょう。


Comments are closed here.