Archives:

弁護士を選ぶ際の基準

さて、このように顧問弁護士は会社にとって有益な存在ですが、どのような基準で選べばいいのでしょう。会社はその業務形態や事業内容によって細かく分類されます。顧問弁護士を選ぶ際には、その事業内容に精通した弁護士を選ぶことが重要となります。弁護士という同じ肩書きであっても、人によって得手不得手もありますし、得意分野もあるのです。

また、会社はいつどこでトラブルに巻き込まれるか分かりません。その時にいつでも連絡の取れる弁護士であることが重要となってきます。電話やメールなどで日常的に連絡が取れるということも選ぶ際の条件なのです。こういったことは仕事の対応の早さにも関係してきます。契約書のチェックに何週間もかかるようなら、その契約は成立しないでしょう。そういう意味でも、対応の早い弁護士でなければいけません。

弁護士は先生と呼ばれるだけあり、中には横柄な人も多いのです。弁護士は法の専門家ではありますが、サービス業としての色合いもあるのです。その点を理解できている弁護士を選びましょう。また、料金設定もきちんと相場を守っていることが大切です。高いからとって有能とは限らないのです。相場の範囲内で最大限の効果をもたらすのが良い弁護士なのです。これらの点に気を付けて弁護士を選んでください。